葛の花

葛の花(くずのはな)とイソフラボン

投稿日:

シボヘールに含まれる「葛の花由来イソフラボン」
葛の花とは?イソフラボンとは?
その詳細についてお伝えします。

葛の花とは?

葛の花はマメ化のツル性植物で、秋の七草の1つとして知られています。
開花は8月~9月頃、ツルの下のほうから開花し、ツル自体は1年で10メートルほど成長するという生命力をもっている植物です。

完走させた根の部分は主に漢方薬などの原材料として使用されていますが、花の部分には複数種類のイソフラボンとサポニンが含有されています。

この部分が、葛の花由来イソフラボンとして内臓脂肪減少効果があり、シボヘールにも含有されているものです。

イソフラボンとは?

イソフラボンとはポリフェノールの一種。
イソフラボン自体も、様々な種類が存在します。

葛の花由来イソフラボンとその効果は?

葛の花由来イソフラボンには、イソフラボンの一種であるゲニステインが入っており、ゲニステインは強力に抗酸化する効果があります。

お肉や脂っこい物などの動物性脂肪を摂りすぎると、血液中のコレステロールが増加し、内臓脂肪も増加します。
コレステロールが増加すると、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気にかかってしまうこともあります。

葛の花由来のイソフラボンには、強い抗酸化効果によって過酸化脂質の発生を抑えたり、悪玉コレステロールの参加抑制効果があります。

要するに、血液中のコレステロール値を下げるということですね。
これには、マメ科のたんぱく質や食物繊維などのシナジー(相乗効果)もあります。

シボヘールが内臓脂肪燃焼に良い理由

シボヘールは、菜の花由来イソフラボンから出来ています。
内臓脂肪を減らす効果はここまで記載した通りです。

ウエストを細くしてキレイになるのはもちろん、今よりもっと健康的になって今よりもっと自分に自信をもてるようになりましょう♪

-葛の花

Copyright© シボヘールの【最安値】【効果】【安全性】を詳しく解説! , 2018 AllRights Reserved.